スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月に写真家と2人展やります

kadoeijiishikawa5.jpg

kadoeijiishikawa4.jpg

【12月1日(月曜日)〜14日(日曜日)】
門秀彦+石川栄二 2人展
【365×360=1】

長崎出身の絵描き門秀彦と写真家石川栄二の2人展。
2012年に一緒にヨルダン(中東)にてパレスチナ難民キャンプや砂漠を旅した仲。

365(日常)×360(世界)=1(作品)
門の絵と、石川の写真
見においで

opening party3


【11月30(日曜日)】【12月7(日曜日)】(日程変更になりました)
会場のギャラリーNiepceにてオープニングパーティーのような
ライブペインティング+ライブやります。

15:30から19:00の間、門は集中したり脱線しながら絵を1枚仕上げ、
傍らで時々、石川が唄ったりします。

入場無料。出入り自由。差し入れ歓迎。
飲みもの、つまみをちょこっと用意しておまちしております。
是非是非、だらりとお越し下さいませ。
だらりとどうぞ


ギャラリーニエプス
http://www.niepce-tokyo.net
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-10 メイプル花上2F
tel:090-1654-6683(中藤) fax:03-3356-8807
Email:toiawase@niepce-tokyo.com

--------------
[石川栄二] 1972年〜 長崎県出身。

フォトグラファー/ギャラリーニエプスメンバー。
銀塩写真の魅力に惹かれてカメラに触れ、未だ創作中。
個展
2009 「こもりぬ(隠沼)」
2010 「Carillon ~ 鐘楼 ~」「サバクサラバシーヴァ」
2011  「the Sun」
2012 「outdoors」「手紙と桜とロックンロール」
2013 「2013#1」「2013#2」
2014 「彼岸」

グループ展
2011 「純喫茶ニエプス」「横浜赤レンガ倉庫20-次元を超えて-」
2012 「VS浪速展」
2013  「VS神田写真展」
2014  「VS荒木町写真展」 
石川栄二ホームページ
http://eiji-ishikawa-photos.webnode.jp/
過去の作品が載ってます。
スポンサーサイト

書き置き

d803ee6d.jpg



kadokoten#10~積み重ねられる絵~

無事に終わりました

見にきてくれた皆さん
ビームススタッフの皆さん
企画してくれた藤木君(BEAMS GALLERY)

山北さん

皆さん、どうもありがとうございました。


今回の個展は私的なテーマを持った絵だったんで
見にきてくれる人が気に入ってくれるのか、、
実は少し不安でした。

例えば、
「持ちつ持たれつの絵」(赤い背景の絵)なんかは、
発表するかしないか悩んだ絵です。


それから
今回の個展では、
友人がくれたインスピレーションから
生まれた絵もあります。

「積み重ねられる絵」(ダンボール)は
福岡の日本画家、比佐 水音さんから。

「ゾウの群れと人の群れの絵」は
育ちの悪い幼なじみから。

過去の作品と新作の小さい絵を
固めて展示するアイデアは藤木君(BEAMS)の提案でして、
今回は絵のレイアウトに関しても藤木君の力が大きいです。


みんな、どうもありがとう。



さて、
次はどこへ行こう

新たな約束をしに?
新たな約束を果たしに?

次に会うのは
旅の途中かな

みなさん
お元気で
またいつかどこかで

くれぐれも君をよろしく


KEEP SMILING
KADO

KADOKOTEN10 本日終了です。

491581d3.jpg

「積み木の絵」


本日19日にて、KADOKOTEN10終了です。

見にきてくれた皆さん、どうもありがとうございました。

最終日に来てくれる方は
お待ちしとります。

「積み重ねられる絵(ダンボール)」が欲しい方は、
あげますので本日、お越し下さいませ。


KEEP SMILING
KADO


門秀彦個展
kadoKOTEN#10/積み重ねられる絵
http://www.beams.co.jp/b-gallery/-kadokoten-10.html

BEAMS JAPAN / B Gallery
http://www.beams.co.jp/shop/east/shinjuku/beams-japan.html

日程
2009年4月23日(木)~5月19日(火)11:00~20:00 (会期中無休)
入場料無料

個展会場にて

僕の絵が好きって人に会うと
寿命が延びるような気がします

僕の詩が好きって人に会うと
寿命が縮むような気がします

なんでだろう

気のせいか


keep smiling
kado


d8353adf.jpg

門秀彦個展
kadoKOTEN#10/積み重ねられる絵
http://www.beams.co.jp/b-gallery/-kadokoten-10.html

BEAMS JAPAN / B Gallery
http://www.beams.co.jp/shop/east/shinjuku/beams-japan.html

日程
2009年4月23日(木)~5月19日(火)11:00~20:00 (会期中無休)
入場料無料

門秀彦×パーカッショニスト山北健一のライブドローイング・セッション
2009年5月9日(土)15:00~16:00

「僕が最も信頼するアーティストの1人
 パーカッショニスト”山北健一”さんと二人で、
 音と絵の即興ライブドローイングのセッションやります。
 都内でのライブは、、、1年半ぶり、、かな?
 都内ではしばらくやりませんので、、
 興味のある方はぜひ、ニヤリニヤリお越し下さい。」

山北健一
http://www.matamrecords.com/

[リリース]
B GALLERYでは3年ぶり4回目となる門秀彦の最新個展。
本店では新作の絵画作品をはじめ積み木に見立てた段ボール箱をキャンバスにしたクレヨン画を中心に展示します。また、2008年以降の最新のライブドローイングや、全国各地の小学校や養護学校などで行ったワークショップのドキュメント写真のスライドショーなども公開します。

『たぶんアートとは、人と人とを繋ぐ"人間臭いつなぎ目"のことなんじゃないかと思います。 それは君を飾るものでも、君を変えるものでも、君を見出すものでもなく、神のお告げでも、時代の確信でも、心の叫びでもなく、ただひたすらに"生きる者達"の日常の寄り添い、やがて積み重ねられていくもの。 いつか君にこの絵が届くといいな。』

門秀彦

ふと

僕の絵は
誰かに届いているのかな、、

届いていないのなら

僕の絵は
ひとり言のようなものかな、、

ひとり言のようなものなら
うちの犬だけ聞いてくれてればいい
(うちの犬には悪いけど、、)

絵が売れなくても、、
そんなことは正直、、どうでもいいんだけど
(売ってるような売ってないような感じですけど)

見たい人にだけ
じっくり気の済むまで見てほしい、、というのは
傲慢なのかもしれないけど

、、、、、

個展をやってると
自称、アーティストの方も来てくれたりする訳ですが
中には、僕にご自身の作品をアピールしに来る人や
僕のコネクションを聞き出そうとする人も来たりするのですが、、
僕にはよーわからんです

僕の絵を見たいと思ってくれる人や
僕の絵が嫌いって人だけ
見てくれればいい

僕の絵に興味のない人と
個展会場で何を話せば良いのか、、、

こういうのは、、ちょっと、、
正直、気疲れします。

わざわざ来てくれたのにすんません。


やっぱり、、
自分の個展会場にいるのは
ちょっと苦手かな、、。
プロフィール

KADO

Author:KADO
■ KADO4LIFE
 http://www.kado4life.jp/
□ twitter
 twitter.com/kadohide
□ Facebook
 fhttps://www.facebook.com/KADO4LIFE
 
門 秀彦/かどひでひこ
コミュニケーションとしてのアート表現や手話をテーマにした[HAND TALK]をコンセプトに、絵本や絵画作品の制作の他、国内外でのワークショップや、ミュージシャンとのライブペインティングを行う。最新作は絵本「ハンドトークジラファン」。
その他、 NHK「みんなの手話」、フジテレビ「モアセブン(めざましテレビ)」等のアニメーション作品の制作、手話アートブック、エッセイ等の著作があり、宮本亜門、佐野元春、HY、大沢誉志幸等のアートワークを手掛けるなど、創作は多岐に渡る。

門 秀彦 ウェブサイト[KADO4LIFE]
http://www.kado4life.jp

Twitter

Twitter Reload

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
FC2検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。