ヨルダン日記 その10 バイバイ ヨルダンの町

CC00A.jpg
CC00B.jpg
CC00C.jpg

ヨルダンの旅もいよいよ最後の夜。
僕らはスエレへからアブンセールへ。
高台にあるアラファさんのお宅で晩ご飯。

CC02.jpg
CC03.jpg
CC04.jpg

料理の名前はマンディ。
ヨルダンで頂いたご飯は、
全部、基本的に鶏肉とご飯なので、全部一緒のような気もするんですが、違う料理名。
僕の舌が味の違いを覚えきれてない。

でも、美味しかった。

例の如く、皿を空にすると大盛りのおかわりが来るので、
例の如く、適量を皿に残してごちそうさま。

パレスチナ人は、手厚くもてなす事が礼儀だというのがよくわかりました。

ご主人のアラファさんは、仕事でいろんな国に行くそうですが、
どこの国に行っても、知り合った人に家に招かれて食事をごちそうしてもらったことはなく、
とてもさみしいそうです。

ヨルダンに来てからというもの、
ペトラでのホテルの食事と、ワディラム砂漠でのベドウィン料理を除いて、
晩ご飯はすべて家ごはん。(ベドウィン料理も手料理ですけど、お金を払っているので)

考えてみたらすごい。
僕らは7〜8人で行動していたんで、招いてくれる家々は、
それだけの食事をごちそうしてくれたという事。

ここ、アラファさんちはお金持ちっぽかったけど、
難民キャンプで暮らす人達は、決して裕福ではない。

安藤さんが、いかにこの町で信頼されているか、歓迎されているかを知り、
また、パレスチナ人の誇り高き心意気を知りました。

ーーーーーー

千田さん達が日本からのお土産の食べ物や浴衣、竹とんぼ等をプレゼントした後、
僕はお礼に絵本をプレゼント。
子供達も集まって来て、みんなでじっくりじっくり読んでくれました。
文化の違う人達が、目の前で自分の作品をじっくり見てくれている事と、
ヨルダン最後の夜ということが重なって、涙が出そうになりました。

CC05.jpg
CC07B.jpg
CC06.jpg

そして、アラファさんち家族の絵を描いてプレゼント。

その後、アラファさんちの子ども3人と、親戚の子が来ていたんで、
みんなで絵を描いて遊びました。

CC07.jpg
CC08.jpg
CC08B.jpg
CC09.jpg

僕が出会ったヨルダンの子供達は、みんな真剣に絵を描く。
まっすぐにまっすぐに。
疑う事も、バカにする事も、しらける事もしない。

少なくとも僕にはそう見える。

言葉を交わさずとも
お互いに疑わず探らず、何かを一緒にやるってこと。
そこに絵があり、歌があり、音楽があって、食事があるってこと。


CC10.jpg
CC11.jpg
CC12.jpg
CC13.jpg
CC14.jpg
CC15.jpg
CC16.jpg
CC17.jpg
CC18.jpg
CC19.jpg
CC20.jpg

ヨルダンの最後の夜。
僕が描いた絵は、30分くらいかけて子ども達と一緒に描いた絵。

この後、みんなでベランダに出て、水タバコを吸ったり、歌を歌ったり。

アラファさんはこう言いました。
「日本人の君たちには、日本という故郷があり、そこに帰って行くだろう。
 我々パレスチナ人の故郷はパレスチナであり、いつか必ず故郷に帰る」


僕はパレスチナ人と同じ気持ちにはなれないし、想像する事しか出来ないけど、
彼らが故郷を追われ、ヨルダンの地で暮らすことの悔しさと、
それでも、いつの日か故郷に帰る事をあきらめない切実な思いと、
実際にはおそらく帰れないであろう現実を想って、切なくなった。

ユダヤ人にはユダヤ人の
パレスチナ人にはパレスチナ人の
キリスト教にはキリスト教の
イスラム教にはイスラム教の
それぞれにはそれぞれの
事情があり、心情があり
エゴがあり、建前があり
「なんとかなるさ」と「しょうがない」があって

それでも子供達は
笑いながら、泣きながら
未来を連れてくる


アラファさん
アラファさんちのみんな

どうもありがとう


とっても楽しい夜でした。



バイバイ
ヨルダンの町

ーーーーーーーーーーーーーーーー

一緒に絵を描いてくれたみんな
ヨルダンで出会ったみなさん

この旅に誘ってくれた千田さん
ヨルダンの町の現実を、人の絵顔を見せてくれた安藤さん
ウガンダに続いて一緒に歩いてくれたマチコさん
時々僕らを困らせ、僕らを笑わせてくれた大野さん
いつも冷静に後ろで目を配り、気を配り、見守ってくれた高橋さん
記録写真の撮影と、この旅に”歌"を添えてくれたエイジ君
水タバコとソークの女王 はるこさん

猫のラファ

らくだ
ろば


みなさん、どうもありがとうございます。


この旅で感じたもの、得たものは、今はまだはっきりと見えてはこないけど、
時間をかけて少しずつ心に落ちて来て、
いつかきっと、僕の「未来への希望」になっていくと思います。


またどこかで会いましょう


KEEP SMILING
KADO


CC21.jpg








ヨルダン日記 その9 ダウンタウンのブルースとレモン・マア・ナーナ

ダウンタウンに繰り出す前に、
スーク(市場)に立ち寄りました。
古着、下着、靴、おもちゃ、鍋にやかんにフライパン。
食材も何でも売ってます。

エイジ君と僕は、暇を持て余してブルースハープを吹きながらブラブラ。
ヨルダンっ子には、ブルースハープが珍しいみたいで、
みんな振り返って、「それ、いいね」って感じに微笑みます。

DD01.jpg
DD02.jpg

ダウンタウンではお土産選び。
エイジ君の「水タバコ」と「ウード」探し。

DD03.jpg

買い物終了後のカフェにて。

水タバコとレモン・マア・ナーナ(レモンと生ミントたっぷりジュース)

DD04.jpg
DD05B.jpg
DD06.jpg

ダウンタウンのシンボル
キング・フセイン・モスク

ヨルダン日記 その8 砂漠のベドウィンカフェと、ラクダはラクダ。

AQ01.jpg
AQ02.jpg

僕らはジープの荷台に乗り、ワディ・ラム(月の谷)砂漠へ。

あまりにも超自然な絶壁の岩山達は、人工的にすら見えます。
ここは古代、ナバテア人が住み、神殿を築いていた場所でもあるそうで、
4000 年前の岩の壁画などがあちこちに残されています。

AQ03.jpg

写真がたくさんあるので説明は不要。というか説明出来ない。
あまりにも広大で、まるでスターウォーズの砂漠の星のような世界。

途中、調子に乗って、砂山を駆け上がって、本気で息が上がってしまい、
5分ほどしゃべれない状態になったりしました。

AQ04.jpg
AQ05.jpg

ラクダ、ロバ、馬。
カラスもいました。

AQ08b.jpg
AQ06.jpg
AQ07.jpg
AQ08.jpg
AQ09.jpg
AQ10.jpg
AQ11.jpg
AQ12.jpg

夕暮れ迫る頃、キャンプに到着。
皆は、夕焼けがばっちり見えるポイントに行きましたけど、
僕はすっかりヘトヘト。

ブラブラ歩いていたら、ベドウィンが手招きしてくれました。
近づくと、たき火をしてます。
彼は両手を広げて「ベドウィンカフェ!」とかなんとか言ってました。

AQ13.jpg
AQ14.jpg


かつて、車がなかった時代。
旅行者のキャラバンが、砂漠を横断する際、砂漠という、時に危険な場所で保護してもらう代わりに食糧を渡したり、必要な補給品や手工芸品を買い取るシステムがあったそうで、ベドウィンにとって自分達のキャンプに迎え入れることは旅行者をキャンプから出るまで安全保障するという責任を負うことになっていたそうです。

そこで、ベドウィンに歓迎されているかどうか、を確認するために使われたのがコーヒー。
歓迎していれば、ベドウィンにコーヒーをごちそうしてもらえる。ということだそうです。

AQ15.jpg
AQ16.jpg

と、それは昔の話し。
このベドウィン(名前忘れました)さんは、最初から気さく。

「ベドウィンに、コーヒー(またはお茶)を進められたら、3杯飲むのが礼儀だ」という話しをしてくれました。
「1杯目は歓迎」
「2杯目は信頼」
「3杯目は、、、」と話してくれたところで、
僕とエイジ君と高橋さんは雑談してゲラゲラ笑っていたため、
大事なところを聞き逃しました。

きっと、すごくいい事を言ってくれたんだと思いますが、今となっては知る由もありません。

AQ17.jpg

晩ご飯は、砂に穴を掘って、肉や野菜を埋めて炭で蒸し焼きにしたような料理。
僕の説明が下手で、美味しくなさそうに聞こえますが、美味しかったです。

このあとは、せっかくなので、砂漠にアラビーマットを敷いて寝る事に。
真夜中の砂漠にて、エイジ君がウクレレで歌を歌ってくれました。

エイジ君、ありがとう

AQ18.jpg
AQ18B.jpg

朝ご飯を食べて出発。

AQ19B.jpg
AQ19c.jpg


この日は、ラクダに乗ります。
ヨルダンのラクダ乗りは、日本人を見ると「ラクダは楽だ!」と、
ほぼ、必ず言います。

僕らは絶対に言いませんでした。

近くで見るラクダは、けっこうワイルドで、
ツバがくさくてベトベトです。

ラクダ同士の小競り合いは、けっこう怖いです。

AQ20.jpg
AQ21b.jpg
AQ19d.jpg
AQ19e.jpg
AQ21.jpg
AQ22.jpg
AQ23.jpg
AQ19f.jpg
AQ19g.jpg
AQ20b.jpg
AQ20c.jpg

ラクダの乗り心地は、まぁまぁ。鳴き声は「ヌオー、ウオー」。
乗り心地よりも、「砂漠でラクダに乗っている」という事が嬉しくてしょうがない。
ずっと乗っていたかったんですが、30分ほどで終了。

そして砂漠ツアーも終了。

ベドウィン(名前を忘れました)さん、
コーヒーとご飯をどうもありがとう

楽しかった。
いつかまた来たい。

僕らはワディ・ラムを後にして、アパートのあるスエレへに戻るんですが、
行きのスエレへーペトラ遺跡ーワディ・ラムの道ではなく、
ワディ・ラムー死海ースエレへコースで、タクシー爆走。

砂漠の暑さともサヨナラ。

AQ24b.jpg
AQ24a.jpg

と、思いきや
死海付近で車を降りると、
砂漠より暑い

41.5℃でした。

死海は、アラビア半島北西部に位置する塩湖。
海じゃない。

西側にイスラエル、東側をヨルダン。
湖面の海抜はマイナス418mと、地表で最も低い場所だそうです。

AQ25.jpg
AQ25B.jpg
手話で「暑い」と言ってます。

渋滞を抜けて、スエレへへ到着。

まだラマダン中の日没前ですが、
かたっぽのドライバーのおじさんは、水も飲めばタバコも吸い、
途中でセブンアップをおごってくれたりして、、
結構、いい奴でした。

AQ26.jpg

ヨルダン日記 その7 ワディ・ラム砂漠にて、ブレーメンの音楽隊と砂漠の竹とんぼ

aa00.jpg

ペトロ遺跡を後にして、タクシーで数時間。
次の目的地は、映画『アラビアのロレンス』の舞台として有名なワディ・ラム。

aa01.jpg
aa02.jpg

ワディラムヴィジターセンターにて手続きして、ワディラムへ。
タクシーの運転手が、道を間違えたりして1時間くらい予定時間を過ぎて到着。

aa03.jpg
aa04.jpg
aa05.jpg
aa10b.jpg

アンマンに着いた時は「東京より暑い」と思いましたが、
ペトラに着いた時、「アンマンの暑さなんて軽い軽い」と思い、
ワディラムに着いたら「ペトラの暑さなんてかわいいものだ」と思いました。

ラクダを見ても、僕らはもう驚かない。

砂漠の入り口付近の村で一休み。
僕らは水分補給たっぷりと軽い昼食。

めちゃくちゃ暑いんですが、汗がどんどん蒸発していくので、肌はからっから。
日陰に入ると涼しく感じるほど。

ここに住んでる人達は、砂漠の住人「ベドウィン」
ベドウィンと一緒に絵を描きたい!と思って、そこらへんを歩き回って、
なんとかからっからのダンボールを調達。

aa08.jpg
aa09.jpg


しかし、、もちろん、ここでもラマダン中。
昼間は断食しているので、表にはほとんど人がいない。

ここで安藤さんの仲間のJICA隊員グループが、
ここワディラムで登山するためにやってきました。
話しをしてみると、なんと音楽の先生と美術の先生。
僕らがここでやりたい事を話すと、興味を持ってくれて参加してくれる事に。

まずは、子供達を呼びに行こう!ということに。
何か良い方法はないか、、。

エイジ君はさっきからウクレレ弾いてるし、僕はブルースハープ。
みんなが持ってる楽器を確認すると、ウクレレ、ブルースハープ、太鼓、リコーダー。
よし、これでブレーメンの音楽隊をやろう!

aa10.jpg
aa11.jpg


ということで、みんなで即興楽団になって村を練り歩きました。
すると、出てくる出てくる。子供達。

この展開、この光景には、正直、感動しました。
偶然のように集まったみんなで、たまたま持っていた楽器を使って演奏し、
わらわらと子どもが集まって、、さぁ、みんなで絵を描こう!

※フォローもばっちり。安藤さんが子供達の親に趣旨を説明。
 こういうところが彼女のすばらしいところです。

aa12.jpg

子供達はクレヨンを見るのもはじめてだったんで、
僕の自己紹介と、クレヨンの使い方の説明も兼ねて、僕が最初にブレーメンの音楽隊を描きます。

aa13.jpg
aa14.jpg
aa15.jpg
aa15b.jpg

あとは、みんなで一斉にらくがき開始。
さてさて、ベドウィンの子供達は、いったいどんな絵を描くのだろう。

aa20.jpg
aa16.jpg

aa17.jpg
aa18.jpg
aa19.jpg
aa21.jpg

子どもも大人もおじいちゃんも、みんな積極的に描いてました。
印象としては、子どもも大人も、みんな「素直」

aa22.jpg
aa23.jpg
aa24.jpg
aa25.jpg
aa26.jpg
aa27.jpg
aa28.jpg
aa29.jpg
aa30.jpg
aa31.jpg
aa32.jpg
aa33.jpg

花や人形、車、動物、
40分くらいで大きな絵が完成。

絵を描く事自体はもともとみんな好きみたい。
クレヨンが珍しいようで、わいわいキャーキャーって感じはなかったけど、
みんな真剣に一生懸命描いてました。

自分の絵を見てニコニコしてる光景が印象的でした。


aa34.jpg

絵を描いた後は、竹とんぼで遊び、
後は、みんなそれぞれ自分で描いた絵を切って
ニヤニヤしながらもって帰りました。

aa38.jpg
aa39.jpg
aa40.jpg
aa41.jpg
aa42.jpg

砂漠で竹とんぼ
みんな楽しそうだった

aa35.jpg
aa36.jpg
aa37.jpg

集まってくれた子供達、大人達、おじいさん
ブレーメンの音楽隊のみんな

すごく楽しかった
一生忘れない体験になりました

ありがとう



ヨルダン日記 その6 ペトラ遺跡でジャックスパロウとジェダイマスターに会う

この日はまだ薄明るい早朝にアパートを出て、バスに乗って、いざペトラ遺跡へ。

d001.jpg
d002.jpg
d002b.jpg

いつの間にか眠ってしまい、目が覚めた頃には砂漠地帯。
途中、土産品屋でトイレ休憩だったんで、アラビーコーヒーではなく、
ネスカフェコーヒー飲む。

d003.jpg

目が覚めてからは、エイジ君とここまでの旅の記録を、お互い思いつくキーワードを言い合って散文詩に。
(何を言ったか覚えてないけど、この散文詩は後にエイジ君の歌になりました)

そうこうしている間にペトラに到着。

d004.jpg

インディージョーンズ最後の聖戦のロケ地にもなったとこで、
広大な映画のセットにいるかのような、大自然というか、大規模な人口物というか、
なにしろ見渡す限り大迫力の世界。

d003c.jpg
d005.jpg
d006.jpg
d007.jpg

1時間ほど岩岩の間の道を歩き続けて、有名なエル・カズネに到着。

d008.jpg

この辺から、目前に広がるこの大迫力を、写真に収める事の無理さを実感し始めて、、
ラクダやロバを追っかけたり、ラクダのスケッチをしたり、ハーモニカ吹きながら歩いてました。

d009.jpg
d010.jpg

d011.jpg
d012.jpg
d013.jpg

歩き始めて3時間ほど。ここらでお昼ご飯。
ラマダン中ですけど、さすがに観光地なので、食事の出来るお店あり。
ペトラで飲むコーラは5倍うまい。

d015.jpg

土産品店で食事。
砂漠なのに、海賊のような。
まるでジャック・スパロウのようなラクダ使いのお兄さんが店先にいたので、
ターバンを1枚買って、「僕にも君のように頭にターバン巻いてくれ」って、
ジェスチャーで頼んだら、快く巻いてくれました。

d016.jpg

d017.jpg

教会跡に残されたモザイク画

d018.jpg

この辺りから岩山を上り続けます。
千田さんはロバに。大野さんは馬に。

安藤さんからアラビア語をいくつか教わっていると、「クワイエス!(すばらしい!)」が
日本語の「怖いです!」に聞こえる、という話しを聞き、
ロバの乗り心地に脅える千田さんに「千田さん、怖くないですか!?」を連発。
千田さんが、必死に「怖いです!怖いです!」というもんだから、
その都度、ロバ使いのお兄さんが喜んでました。

d019.jpg
d019b.jpg

あまりの暑さと、途方もない距離を歩いて来た疲労感で、

一体、僕らはなぜ、この岩山を上っているのだろう。
冷えたペプシが飲みたい、、熱い風呂に入りたい、、

と、目的すらわからなくなって来た頃に、突然、現れる「エド・ディル」

d020.jpg
d021.jpg

エイジ君はウクレレを弾きまくり、僕はブルースハープを適当に吹きまくり、
安藤さんはリコーダーを吹き、大野さんはけん玉をキメる。

大野さんがジェダイマスターに見えました。

d022.jpg
d022b.jpg


d023.jpg

僕らが達成感に浸っていると、安藤さんが言いました。

安藤:「この先に「世界の果て」があるので、男子だけで行って来てください」

「世界の果て」がそこにあると聞けば、行かないわけには行きません。

安藤:「往復1時間くらいで行けますよ」


ここまですでに4時間ほど歩き続けてましたが、ここに来ての往復1時間。
世界の果てへ。


d024.jpg
d026.jpg
d027.jpg

ここが世界の果てか。
眼下、遥か下の方を鳥が飛んでました。
絶景。

d025.jpg

これだけ見ても歩いても、
たぶんペトラの3分の1も見てないような気がしますが、
十分過ぎるほどの衝撃と迫力と達成感と疲労感。

帰りは当然来た道を帰るので、
トータル9時間くらい歩きまくった1日でした。

d028.jpg
d029.jpg
d030.jpg

これは観光って言うより冒険だな。



プロフィール

KADO

Author:KADO
■ KADO4LIFE
 http://www.kado4life.jp/
□ twitter
 twitter.com/kadohide
□ Facebook
 fhttps://www.facebook.com/KADO4LIFE
 
門 秀彦/かどひでひこ
コミュニケーションとしてのアート表現や手話をテーマにした[HAND TALK]をコンセプトに、絵本や絵画作品の制作の他、国内外でのワークショップや、ミュージシャンとのライブペインティングを行う。最新作は絵本「ハンドトークジラファン」。
その他、 NHK「みんなの手話」、フジテレビ「モアセブン(めざましテレビ)」等のアニメーション作品の制作、手話アートブック、エッセイ等の著作があり、宮本亜門、佐野元春、HY、大沢誉志幸等のアートワークを手掛けるなど、創作は多岐に渡る。

門 秀彦 ウェブサイト[KADO4LIFE]
http://www.kado4life.jp

Twitter

Twitter Reload

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
FC2検索