スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウガンダ日記06 最後の絵と夕暮れ

いよいよ

ウガンダ最後の絵

最後は5年生の子達と一緒に描きます

 

場所は校内で一番広い教会の中

 

ここルコメラでは

国道沿いの一部のお店や家には電気が通っているものの

ほとんどの家には電気がありません

学校にも電気がなく、しかも日差しは紫外線が日本の7倍

大抵、みんな日陰にいます

 

建物は基本的に太陽の光をあまり取り入れない作りで

窓もそんなに大きくないので、、、
うす暗い

外の日差しが強いから
目がやられて,そう感じるのかもですけど

やわな目の僕は、時々クレヨンの色がわからなくなるんですが

子供達の描く絵は、とてもカラフル

さすが目がいいんだろうな

UGND1

ラオスでもそうでしたが、

日本の子供達と違って、ウガンダの子供達は

僕の絵の描き方をじーっと見ています

そして僕の描き方をちらちら見ながら真似します

 

たぶん、初めて使うクレヨンの使い方がわからないのかもしれませんが、

僕と同じように先に色を塗って、それから線を入れていく子がちらほら

 

わいわいがやがや

というよりは

 

ぼそぼそざわざわ

じっくり真剣に

 

だいぶ絵が出来上がってきたところで

わいわいがやがや

 

僕にとって、子供達描く絵は

ぐりぐりしゅっしゅっと音がするもの

完成した絵より

出来上がっていくとこが絵の一番面白いところ

 

UGND2

はじまりから約1時間

今回の旅で一番大きな絵が完成


 

なんだかいいなぁ

すごくいい

 

 

みんなありがとう

 

 

絵が描き終わると

さっきまで晴天だった空は

いつの間にか薄暗くなり

雷がゴロゴロ
嵐のような大雨

 

ルコメラ最後の思い出は

子供達との雨宿りでした

UGND3

 

夕暮れ

雨も上がり、みんなにお別れの挨拶をして

僕らは乗り合いタクシーで首都カンパラへ

UGND4

ウガンダの旅も

過ぎてしまえばあっというまだったけど

僕にとって

とても大きな経験となりました

 

 

 

 

ウガンダで出会った子供達

 

ニナさん

マチコさん

ジュリアス

ジョアン

マイケル

 

ジュリアスのお母さん

ウーちゃん

 

この地で出会った皆さん

 

 

どうもありがとうございました

 

 

いつかまた

 

 

 

KEEP SMILING

KADO




ウガンダ日記01
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-493.html
ウガンダ日記02
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-495.html
ウガンダ日記03
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-496.html
ウガンダ日記04
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-500.html
ウガンダ日記05
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-498.html
ウガンダ日記06
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-499.html
スポンサーサイト

ウガンダ日記05 カラフルサファリ

ルコメラ最終日

今日は前半にルコメラ小学校のスペシャルニード(ろう児クラス)の子達と一緒に絵を描いて、

後半は一般クラスの5年生の子達と絵を描きます。

 

絵を描く前。

スペシャルニードクラスの授業に僕も参加。

数字や曜日の手話を教わりました。

 

クラスのみんな

ウーちゃん先生

どうもありがとう



授業が終わると

子供達は僕のメガネが珍しかったのか、

かわりばんこにメガネの掛け合いっこして遊んでました。

ugd1

ちなみにこのメガネは
crd_0015

EFFECTER×DEARFROM featuling kado hidehiko

http://www.cradle.ne.jp/originalbrand/allen.html

 

そしていよいよ

みんなで大きな絵を描きます。

 

今回は僕が好きな動物

ゾウとキリンを描きました

僕がゾウを描く時は僕のお父さんを

キリンを描く時は僕のお母さんをイメージして描きます

なぜだか、そんなイメージなんです。

 

この子達とは、一緒に遊んだり教会に行ったり

滞在中に何度も会っていたんで、すでに仲良し。

のっけから大騒ぎで、絵もあっという間に完成。

今までやってきたワークショップで、

おそらく最高にカラフルで最速の仕上がり。

 

とっても賑やかなサファリの完成。

絵もとってもすばらしいんだけど、それよりもなによりも

この子達と一緒に絵が描けたのがすごく嬉しかった。

鼻の奥がジーンとしました。

 

出来あがった絵をさっそく教室から持ち出し、

外側の壁に張り出しました。

 

みんなどうもありがとう

ugn2

ろうの子達は、普段からイメージしたものを手話やジェスチャーで表現しているからなのか、

感情がすぐに表情や行動に現れるような気がします。

他の子供達も早いけど、それよりコンマ何秒か早いんじゃないかな。

気のせいかもしれないけど、時々そう思うことがあります。


大きな絵が完成した後、

子供達一人一人に絵のプレゼント。

それぞれ自分の好きな動物を言ってもらって描きました。

 

みんな

受け取ってくれてありがとう

 

この時間を作ってくれたウーちゃん

サンキュー

 

ugn3




ウガンダ日記01
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-493.html
ウガンダ日記02
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-495.html
ウガンダ日記03
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-496.html
ウガンダ日記04
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-500.html



ウガンダ日記06
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-499.html

ウガンダ日記04 ウガンダの優しい人たちと、「HOPE」

土日は学校もお休み

この二日間は、ニナさんが以前、JICA隊員として

ルコメラにいた時に出会った人たちや、学校で会えなかった子供達の家へ

そして僕がウガンダを訪れるきっかけになったジョアンにも。

uggg1

まず最初は、BODABODAでルコメラ小学校へ。

学校は休みですが、ろう児のクラスは宿舎があるので

休日の子供達と遊びに。

 

学校の事で1人の女の子がお母さんと一緒に来ていました。

お母さんが怖そうな感じがして、女の子がなんだか深刻そうな顔をしていたんで、

何か話しかけたかったけど、言葉も手話もわからないので絵のプレゼント。

ugg1

そして学校から歩いて10分くらいのとこに住んでいる女の子アミナの家へ。

アミナは歌を唱うのがとっても好きで、みんなから歌姫と呼ばれてました。

感染症にかかっていたそうで、完治したものの、まだ少ししんどそうでした。

この日は、ウガンダの歌と「世界に1つだけの花」のウガンダ語バージョンを聞かせてくれました。

テクニカルな唱い方ではなくて、素朴な唱い方。

なんだかそこがとてもよかった。

声もとってもソフトで、すこし照れくさそうにフリ付きで唱ってくれました。

 

どうもありがとう

ugg2

そのあともルコメラをブラブラ散歩しながら

いろんな方のお宅へ。

果物をいただいたり、ジュースをいただいたり、ご飯をいただいたり、

なんだか、みんながいろんなものをくれました。

ニナさんが以前の滞在中、いかにまわりの人たちに愛されていたかを垣間見ました。

あまり自分の事を多く語らないニナさんなんですが、

こんな感じで彼女の人柄を知ることができました。

uggg2

ニナさんの後任の日本人教師のウーちゃんもすばらしい活動をされているし、

ほんと、人生とは言葉ではなく、足跡で語るものだと、あらためて思いました。

 

僕の足跡は彼女たちほど立派な跡が残らないので、

絵を残します。

 

[ウガンダ★ウガンダ]

http://uuchanto.exblog.jp/

 

みんなもらってくれてありがとう。

 

そしてルコメラから車で30分。

目指すはジョアンが住むBOMBO TOWNへ。

uggg3

ジョアンについては先にも書きましたが、

僕がウガンダ行きを決めた理由の1つ。

 

もちろんジョアンからすれば、

僕は遠く日本から、ニナさんが連れてきた友達。

きっといつもかんな感じなんだろうなぁ、って感じで優しく迎え入れてくれました。

それが余計にジョアンの人柄が見えて、僕はすごく嬉しくなった。

 

ジョアンはとっても優しい人。

目も仕草も声も

ぜんぶ優しい

 

ジョアンと直接、いろんな話をした訳ではないけど

一緒に過ごした時間、全部が心地よくて、

僕の大切な思い出になりました。

 

ジョアン

どうもありがとう

 

セルンジョジさんちでは、

子供達と一緒に、ジャックフルーツをたくさん食べました。

セルンジョジさんちはお子さんが2人。

奥さんは街に出て働いているそうで、ほとんど別居状態。

セルンジョジさんと奥さんの関係はよくわからないけど、

子供達が寂しくならないように、と願いをこめて

家族の絵を描きました。

 

ugg3

そして

僕、ニナさん、マチコさん、ウーちゃん、マイケルと一緒に

ウガンダに来て一番仲良くなったジュリアスんちへ。

 

一緒に行ったマイケルも、ウガンダで仲よくなった友達。

すごくいい子。

 

マイケルは1人で暮らしています。

両親はいません。

昼間は支援を受けて学校に通っています。

夜は、月明かりで畑を耕して生活しています。

 

話を聞くと、思わず息を飲むような辛い経験をしてきたマイケル。

でも、すごく素直で、周りの人すべてに優しくて、ワガママの一言も言わず、

勉強が大好きで、ウガンダが大好きで、

なんであんなにキラキラしていられるんだろう。

 

きっと全部、受け入れて今を歩いているんだろうな。

 

マイケルは友情の印として

歩く時は僕と手をつなぎます。

これはウガンダでは普通の事らしいです。

 

そんなマイケルも一緒にジュリアスんちへ

ニナさん、マチコさんが日本から持ってきたカレールウを使って

みんなでカレー作り。

僕はフライパンに油を入れただけですけど。

uggg4

カレーを煮込んでいる間に、BODABODAマンのチーワさんの絵と、

もう1人のムリーカさんにお礼の絵を。

 

チーワさんは、いずれはBODABODA以外の仕事をしたいそうなんで、

バイクに腰掛けてる絵。

ムリーカさんは、BODABODAも楽しんでるみたいだったんでバイクにまたがった絵。

 

カレーが出来上がり、

ジュリアスのお母さんが作ってくれたキャベツパイをみんなで食べました。

ウガンダで食べる日本のカレーも美味しい。

 

食事が終わって、ジュリアスがお母さんにマイケルの事を紹介しました。

マイケルの生い立ちや現在について。

 

ジュリアスのお母さんは、マイケルの手を握って

「HOPE」

どんな時も希望を持ちなさい。希望をなくしたらダメよ。

 

と言いました。

 

僕が直接もらったメッセージではないけど、

マイケルの隣で聞いていた僕も、このメッセージを受け取りました。

 

最後はジュリアスの家族の絵。

ugg4

この二日間

本当に素敵な出会いをたくさんしました。

ウガンダ旅行っていうと、サファリや渓流下り、赤道地点などの観光が一般的だそうですが、

ルコメラに来れて本当に良かった。

観光してる暇なんてないくらいにすごく楽しかった。

 

みんな

どうもありがとう




ウガンダ日記01
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-493.html
ウガンダ日記02
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-495.html
ウガンダ日記03
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-496.html


ウガンダ日記05
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-498.html
ウガンダ日記06
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-499.html

ウガンダ日記03 ユニーク小学校とジュリアスの歌と大きな絵

ugan1

ウガンダ3日目

朝からたらいで洗濯

 

今日は、ニナさん、マチコさん、僕に加えてジュリアス。

4人でルコメラの外れにある「ユニーク小学校」へ行きます。

 

移動はバイクタクシー[BODABODA]

3人乗り,4人乗りはあたりまえ

 

ノーヘルです

 

ルコメラ滞在中の移動はほとんど、この[BODABODA]です

中にはたちの悪いボダボダマンもいるそうでして、

ジュリアスの親友、「チーワ」さんが毎回迎えにきてくれます。

 

そうそう。

チーワさんは最初会った時からすごく印象が良くて、

立ち振る舞いや表情、しゃべり方が温厚で柔らかい人柄に惹かれました。

ルコメラにいる間にチーワさんに絵を描いてプレゼントしよう。

 

BODABODA 2台に2人ずつ乗って20分ほど

そこからさらに歩いて20分ほど

 

学校に近づくと、何やら太鼓の音が聞こえてきます。

さらに近づくと子供達の歌声が聞こえてきました。

 

僕らを迎えてくれるための歌や踊りを練習しているところだったようで、

最初から感激です。

ugan2

ユニーク小学校は寄付や援助で出来た町外れの学校で、

貧しい家の子や、片親の子がたくさんいるそうです。

 

教室に入ると、校長先生がみんなに僕らを紹介してくれて、

そのあと、子供達が次々といろんな歌や踊りを見せてくれました。

子供達がお互いの名前を呼び合ってソロパートを繋いでいく歌があったんですが、

僕はこの歌がすごく好きでした。

 

子供達の歌が終わると、ジュリアスが話し始めました。

 

ジュリアスはとても貧しい家の子で、

しばらく学校に行けない時期もあったそうですが、

小さいころから母親から英語を教わっていたので、英語が話せたそうです。

それを知った支援団体がジュリアスを援助して、学校に復帰出来たそうです。

自分のこれまでの事を子供達に語り、希望を捨てずに生きていって欲しいと

メッセージを伝えました。

 

そして心の平穏についての歌を唱いました

ラガマフィンスタイルの歌でしたが、

とても優しい声。

 

僕はジュリアスの歌がすごく好きです。

 

これに続けて、ジュリアスの歌を聴きながら僕もライブペインンティング。

途中から太鼓の子達が参加してくれてすごく楽しかった。

 

こんな状況の中で絵を描けるのが嬉しくて嬉しくて、、

ウガンダの強い日差しも相まって、ハイテンションで描きました。

ugan3

そしていよいよみんなで描く絵。

人数が多かったので、Aグループ,Bグループに分けて順番に。

絵と、もう1つはニナさん、マチコさんによる日本式のお遊戯。

 

今回のリクエストは「サル」

(僕としては今ひとつサルをイメージ出来なかったので、今度じっくり猿を観察します)

ここの子供達の描く絵は、とびきりポップでした。

僕の描き方をよく見ていたのか、クレヨンを半分に折り、

クレヨンを寝かせて色を塗ったり、絵と絵を繋ぐ背景を描いたり。

 

ここの子たちは、普段から仲が良いのか

あちこちで笑い声や小競り合い。仲よく喧嘩してる感じが微笑ましかったです。

 

ugan4

日が暮れて

今夜はウォブレンジのレストランへ

レストランというか、定食屋さんのような感じ。

 

ウガンダの主食

ポショ(トウモロコシの粉を練ったもの。ほとんど無味)
マトケ(バナナの蒸し煮。味はサツマイモっぽい感じ)

キャッサバ(芋の一種)

これにスープがついてます。

 

ポショやマトケを手ですくいとってスープにつけて食べます。手で食べると不思議とおいしい。

 

今日も一日楽しかった。



ウガンダ日記01
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-493.html
ウガンダ日記02
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-495.html


ウガンダ日記04
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-500.html
ウガンダ日記05
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-498.html
ウガンダ日記06
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-499.html

ウガンダ日記02 カユンガの学校と大きな絵と蚊帳とビール

カユンガ

GLORY INTEGRATED SCHOOLに到着

予定時刻をとっくに過ぎていたので、

子供達も先生たちも,,さぞや待ちくたびれただろう、、

ごめんなさい

 

この学校の校舎

日本人女性の名前が付けられています

「田村久美子ホール」(文字がヘンテコですけど)

この学校を作る資金を集めるために尽力してくれた方たちの1人

 

 

先生が学習発表を見せてくれ、

そのあと、先生方の紹介、学校の成り立ちから今後の展望などを話してくれ、

そのあとは、子供達が歌を唱って踊りを踊ってくれました

こういうのは言葉が通じなくてもグッと来ます

ダイレクトに

 

みんなどうもありがとう

UG1

僕とにニナさん、マチコさんで画用紙を張り合わせて巨大キャンバス作り

完成したキャンバスはひとまず脇において、

まずは僕が自己紹介がてら、1人で描きます

 

日本でもよく言われますけど、

色が先で、線が後。

この描き方と描く早さはウガンダでも驚かれました

 

絵を描く傍ら、外を見たら、近所の子が絵を描くのを覗いていたので

おいでおいでと、中に入れて絵が見える位置に

 

僕の絵が出来上がったところで、自己紹介は終了

大きなキャンバスをみんなで囲み、クレヨンを配ります

 

僕が最初に描くんですけど、

一番おとなしそうな子に「好きな動物は?」って聞きます。

ラオスのときにも聞いたんですけど

その時は、「ゾウ」でした

今回は、、

 

「牛」でした

 

この学校に来る途中に角の長い牛をじーっと見てたんで

その牛を

 

じゃ、みんなで描こう

 

UG2

画材や紙もない学校なので

たぶん、みんなあらたまって絵を描くことがあまりないのかもしれません

最初の数分は、みんな初めて触るサクラクレパスに緊張していたようですけど

何人かが描き始めたら、みんなの手がどんどん動き出し

大きなキャンバスのあちらこちらに牛や鳥、人や家、学校も

 

だんだんリラックスして、おしゃべりや笑い声も聞こえてきました。

みんな1つ1つの絵をじっくり丁寧に描いていきます。

感情に任せて描きなぐるって子はいませんでした。

 

見本を見ながら描くのは割と簡単ですけど、

頭にイメージした事を、描いて具体化する

これはなかなか難しい

 

牛は描けても、

おいしそうに草を食べる牛

親子で楽しそうに歩いてる牛

暑さに疲れて一休みしている牛

 

こうなると、頭をひねって

イマジネーションを膨らませないと描けません

 

実際に牛にはない表情をつけたり,動きをつけたり、

色で表現したり、、、

 

見た目のリアルと、感覚的なリアル

うまく混ぜて描けるとすごく生きた絵が生まれます

 

 

それにしてもみんな集中力がすごい

大きなキャンバスがびっしり埋まるまで

そんなに時間はかかりませんでした

 

今度来る時はもっと大きなキャンバスが必要だな

 

ウガンダの子供達と最初に描いた絵

すごく楽しかった

 

みんなどうもありがとう

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

UG3

カユンガを後にして

僕らはウォブレンジへ

 

電気もない宿に、、、と

覚悟してたら

ジュリアスが気を利かせて

ウォブレンジで一番いい宿を予約してくれてました


なんと電気がつきます

 

でもお湯は出ないので

宿の人が持ってきてくれたお湯の入ったポリタンクで

ちびちびとお湯浴び

 

ベッドは蚊帳付きです

 

ウガンダビールを飲んで寝ました

 




ウガンダ日記01
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-493.html


ウガンダ日記03
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-496.html
ウガンダ日記04
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-500.html
ウガンダ日記05
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-498.html
ウガンダ日記06
http://kado4life.blog89.fc2.com/blog-entry-499.html
プロフィール

KADO

Author:KADO
■ KADO4LIFE
 http://www.kado4life.jp/
□ twitter
 twitter.com/kadohide
□ Facebook
 fhttps://www.facebook.com/KADO4LIFE
 
門 秀彦/かどひでひこ
コミュニケーションとしてのアート表現や手話をテーマにした[HAND TALK]をコンセプトに、絵本や絵画作品の制作の他、国内外でのワークショップや、ミュージシャンとのライブペインティングを行う。最新作は絵本「ハンドトークジラファン」。
その他、 NHK「みんなの手話」、フジテレビ「モアセブン(めざましテレビ)」等のアニメーション作品の制作、手話アートブック、エッセイ等の著作があり、宮本亜門、佐野元春、HY、大沢誉志幸等のアートワークを手掛けるなど、創作は多岐に渡る。

門 秀彦 ウェブサイト[KADO4LIFE]
http://www.kado4life.jp

Twitter

Twitter Reload

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
FC2検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。