スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島いわき市で絵を描く

2016月3月20日
福島 いわき市 SONIC 
'Song of the Earth RELEASE PROJECT presents -福 fukujitsu 日- #1'

ワークショップとライブペインティングで参加してきました。

fk02.jpg
fk01.jpg

ワークショップは、1つのでっかいダンボールのキャンバスに、
みんなで好き勝手に描く、あるいは描くとこを見る。

個性的でなければならないわけでも、
センスがなければならないわけでもなく、
なんかよくわかんない衝動で、誰もが絵を描いたり、歌ったり、踊ったりするもの

僕はそう思ってます。

fk03.jpg
fk04.jpg
fk05.jpg


ワークショップ終了後は、ライブとライブペインティング。
・青谷 明日香 
http://aoyaasuka.com
・千尋 with ISAKU SUZUKI(Guitar)
(千尋 http://www.utautame.com ISAKU SUZUKI http://tayutae.exblog.jp
・ラビラビ (http://www.rabirabi.com/top/top.html

ライブペインティングは、僕1人で描く予定だったんですけど、ワークショップでウォーミングアップ完了した子供たちが、かわいらしくも凶暴に乱入。ライブペインティングは、“ライブ”なのでハプニングも飲み込んで、そのまま子供たちとセッション。

ーーー
青谷明日香さんの歌は、ユーモアと優しさの奥に、どうしようもない現実社会と切実な希求が込められている。
だからいつも彼女の歌を聴くと、笑いながら涙が出るんだと思う。

千尋 with ISAKU SUZUKI の ライブは、ただただ気持ちよい。千尋さんの声はすーっと身体に入ってくる。
たぶん誰が聞いても気持ちよい。彼女は「歌」に向かい合ってる感じじゃなくて、「歌」と仲良しなんだろうなぁと思う。歌っている表情がなんとも言えない幸せな顔してます。ISAKUさんギターもすばらしかったです。

ラビラビのライブは、ここ最近、僕が見た野外ライブのアーシーな感じじゃなくて、ひさびさに重低音で下腹部にドスりと来る音だった。人間だったり土だったり水だったり宇宙だったり。ラビラビに出会ったのはずいぶん前だけど、最初っから唯一無二。リスペクトしてます。
ーーー


fk07.jpg
fk8.jpg
fk08.jpg
fk09.jpg

「自由」というのは与えられるもんじゃなくて、自分で掴んだり、たまに譲ったり。
相手が子供だろうが、キャンバスの前では受けて立つぜ。

fk10.jpg
fk11.jpg
fk12.jpg

なんだか、みんなクレヨンまみれ、絵の具まみれになって、最後はライブで飛びはねまくって
最後は、なんだかみんなで新しい部族になった気がします。

また、福島の今の話を直接聞いたり、除染作業をされている方から現場のリアルな話を聞いたり、自分自身にとっても重要な経験になりました。ポジティブもネガティブも、どっちも必要。全部必要。

福島で出会った皆さん
一緒に絵を描いてくれた皆さん

またねー


keep smiling
kado

スポンサーサイト
プロフィール

KADO

Author:KADO
■ KADO4LIFE
 http://www.kado4life.jp/
□ twitter
 twitter.com/kadohide
□ Facebook
 fhttps://www.facebook.com/KADO4LIFE
 
門 秀彦/かどひでひこ
コミュニケーションとしてのアート表現や手話をテーマにした[HAND TALK]をコンセプトに、絵本や絵画作品の制作の他、国内外でのワークショップや、ミュージシャンとのライブペインティングを行う。最新作は絵本「ハンドトークジラファン」。
その他、 NHK「みんなの手話」、フジテレビ「モアセブン(めざましテレビ)」等のアニメーション作品の制作、手話アートブック、エッセイ等の著作があり、宮本亜門、佐野元春、HY、大沢誉志幸等のアートワークを手掛けるなど、創作は多岐に渡る。

門 秀彦 ウェブサイト[KADO4LIFE]
http://www.kado4life.jp

Twitter

Twitter Reload

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
FC2検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。