FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAVE THE CHILDREN 越谷レイクタウン

info_101009.jpg

● 「セーブ・ザ・チルドレン」ワークショップ

 *日にち:2010年10月9日(土)
 *時 間:1回目 11時~12時30分
      2回目 13時~14時30分
 *参加無料
 *場 所:埼玉/越谷レイクタウン 花の広場(mori 1F)
 *「セーブ・ザ・チルドレン」サイト
  http://www.savechildren.or.jp/ers/soap/index.html


丸い紙に、将来の夢を書いてもらい、
好きなものの絵を自由に描く

これが今回のテーマです。

このワークショップを通じて、
みんなに知って欲しい事は、日本の子供達の約7人に1人が、
相対的な貧困下にいるという現実です。

save1.jpg


この日は、朝から雨。
あいにくの雨、、なんですが、
雨のおかげで、近所の小学校では運動会が中止になったようで、
その影響もあってか、越谷レイクタウンはオープン時から大にぎわいでした。

おしゃれして出かけてきた子供達とお母さん達は、
最初は服が汚れるのを気にしている様子でしたけど、
途中から、汚れるのもおかまい無しにガシガシ描き始めました。


save2.jpg


段ボールキャンバスもどんどん付け足して
最後は、予定していたものより、かなり大きくなってしまいましたけど
なんだか、ド迫力のすごい絵が完成。


save3.jpg
黒く塗りつぶされた部分は、クレパスでぐりぐりと塗りつぶすのにハマった男の子がいまして、
最初は水色だったんですけど、最後はクレパスが足りなくなって、辺りにちらばったクレパスを集めて塗りつぶし続けた結果です。
なんだか、そこだけ妙に目立つんで、塗りつぶしたとこに絵をカリカリ描いたら、
「おじさんが絵を描けるようにってやったんだよ」って言ってましたけど、、
(かなりニヤニヤして塗りつぶしてたんで、、たぶん、後付けの理由です(笑))


この日にたまたま出会った子供達が、入れ替わり立ち替わりに描いた絵ですが、
不思議と、出来上がった絵はちゃんと繋がっているように感じます。

これだけ大きいと、全部をいっぺんに見れなかったりするんですが
今回は、大きなショッピングモールの吹き抜け部分で描いたので、
上の階から完成した絵を見れて、ちょっと感激でした。

絵が出来上がっていくのを上から見てた人も楽しかっただろうなぁと思います。



今回、セーブ・ザ・チルドレンのスタッフの方たちの準備や、
現場での配慮がとてもすばらしく、
メッセージを含んだイベントが、こんなに楽しい空気の中で出来た事が
とても嬉しかったです。


一緒に描いてくれた皆さん
セーブ・ザ・チルドレンのスタッフの皆さん
越谷レイクタウンの関係者の皆さん

どうもありがとうございました


いつかまた!


keep smiling
kado



〈おまけ〉
水色から黒に変わる決定的瞬間
save4.jpg


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KADO

Author:KADO
■ KADO4LIFE
 http://www.kado4life.jp/
□ twitter
 twitter.com/kadohide
□ Facebook
 fhttps://www.facebook.com/KADO4LIFE
 
門 秀彦/かどひでひこ
コミュニケーションとしてのアート表現や手話をテーマにした[HAND TALK]をコンセプトに、絵本や絵画作品の制作の他、国内外でのワークショップや、ミュージシャンとのライブペインティングを行う。最新作は絵本「ハンドトークジラファン」。
その他、 NHK「みんなの手話」、フジテレビ「モアセブン(めざましテレビ)」等のアニメーション作品の制作、手話アートブック、エッセイ等の著作があり、宮本亜門、佐野元春、HY、大沢誉志幸等のアートワークを手掛けるなど、創作は多岐に渡る。

門 秀彦 ウェブサイト[KADO4LIFE]
http://www.kado4life.jp

Twitter

Twitter Reload

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
FC2検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。