FC2ブログ

ヨルダン日記 その5 魅惑のウードと男達のラインダンス

そろそろ夕方。
この日の晩ご飯は、午前中に幼稚園のワークショップでウードを弾いてくれた
ムハンマドおじさんの家にお呼ばれ。

日没めがけて、再びスエレへ地区からバカア地区へ。
ワゴンの荷台に揺られます。

j516.jpg

ムハンマドおじさんの家に着くと、
ベドウィン(砂漠民)の民族楽器「ラバーバ」を弾いてくれました。
弦が1本のバイオリンのような楽器。

j518.jpg
j521.jpg
j522.jpg
j523.jpg

全く弾けません。
きっとムハンマドおじさんのラバーバが悪いにちがいない。

ムハンマドおじさんはヨルダンの各地で子供達と一緒に歌を歌ってます。
だからあんなに楽しい音楽になるんだろうな。

ムハンマドおじさんが、僕が幼稚園で描いた絵の事を
すごく褒めてくれたので、このタイミングで絵本をプレゼント。
ウードを弾いてくれたんでスケッチ。
絵本と一緒にスケッチもプレゼント。

j519.jpg
j520.jpg
j524.jpg
j525.jpg
j526.jpg
j527.jpg
j528.jpg

大野さんは、おじさんの子どもとけん玉。
j532.jpg


そうこうしている間に、日が暮れてイフタール。
料理はカプサ。(どの料理がカプサかわかりませんけど)

※イフタールとは、「断食を破る」という意味合いの、彼らにとってのブレックファースト。

j529.jpg
j530.jpg
j531.jpg

鳥肉が柔らかくてすごくおいしい。
各家、同じような材料の料理に見えるんですけど、味付けや調理方法が微妙に違うのか、
やはりその家の味となってます。

うまいうまい

ここでも皿が空になるとガンガンおかわりがつがれるので、
「わかってるぜ」って感じで、僕らは皿にご飯を少し残しながらごちそうさま。


千田さん達が持って来た日本からのお土産の着物を、
ムハンマドおじさんの奥さんや娘さん達に着付けてあげたり、
おじさんの甥っ子の結婚式のDVDを見せてもらったり、
歯が溶けるお菓子を頂いたり。(僕はギブアップして、エイジ君にあげました)


最後はイスラムの男子達が熱狂して踊り狂う、という
「男だらけのラインダンス」を教えてもらって終了。

j535.jpg

ヨルダンに来て2日しか経っていないのに、
120%の満足感と達成感。

この夜、全員、ヘトヘトで爆睡。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KADO

Author:KADO
■ KADO4LIFE
 http://www.kado4life.jp/
□ twitter
 twitter.com/kadohide
□ Facebook
 fhttps://www.facebook.com/KADO4LIFE
 
門 秀彦/かどひでひこ
コミュニケーションとしてのアート表現や手話をテーマにした[HAND TALK]をコンセプトに、絵本や絵画作品の制作の他、国内外でのワークショップや、ミュージシャンとのライブペインティングを行う。最新作は絵本「ハンドトークジラファン」。
その他、 NHK「みんなの手話」、フジテレビ「モアセブン(めざましテレビ)」等のアニメーション作品の制作、手話アートブック、エッセイ等の著作があり、宮本亜門、佐野元春、HY、大沢誉志幸等のアートワークを手掛けるなど、創作は多岐に渡る。

門 秀彦 ウェブサイト[KADO4LIFE]
http://www.kado4life.jp

Twitter

Twitter Reload

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
FC2検索