FC2ブログ

ヨルダン日記 その6 ペトラ遺跡でジャックスパロウとジェダイマスターに会う

この日はまだ薄明るい早朝にアパートを出て、バスに乗って、いざペトラ遺跡へ。

d001.jpg
d002.jpg
d002b.jpg

いつの間にか眠ってしまい、目が覚めた頃には砂漠地帯。
途中、土産品屋でトイレ休憩だったんで、アラビーコーヒーではなく、
ネスカフェコーヒー飲む。

d003.jpg

目が覚めてからは、エイジ君とここまでの旅の記録を、お互い思いつくキーワードを言い合って散文詩に。
(何を言ったか覚えてないけど、この散文詩は後にエイジ君の歌になりました)

そうこうしている間にペトラに到着。

d004.jpg

インディージョーンズ最後の聖戦のロケ地にもなったとこで、
広大な映画のセットにいるかのような、大自然というか、大規模な人口物というか、
なにしろ見渡す限り大迫力の世界。

d003c.jpg
d005.jpg
d006.jpg
d007.jpg

1時間ほど岩岩の間の道を歩き続けて、有名なエル・カズネに到着。

d008.jpg

この辺から、目前に広がるこの大迫力を、写真に収める事の無理さを実感し始めて、、
ラクダやロバを追っかけたり、ラクダのスケッチをしたり、ハーモニカ吹きながら歩いてました。

d009.jpg
d010.jpg

d011.jpg
d012.jpg
d013.jpg

歩き始めて3時間ほど。ここらでお昼ご飯。
ラマダン中ですけど、さすがに観光地なので、食事の出来るお店あり。
ペトラで飲むコーラは5倍うまい。

d015.jpg

土産品店で食事。
砂漠なのに、海賊のような。
まるでジャック・スパロウのようなラクダ使いのお兄さんが店先にいたので、
ターバンを1枚買って、「僕にも君のように頭にターバン巻いてくれ」って、
ジェスチャーで頼んだら、快く巻いてくれました。

d016.jpg

d017.jpg

教会跡に残されたモザイク画

d018.jpg

この辺りから岩山を上り続けます。
千田さんはロバに。大野さんは馬に。

安藤さんからアラビア語をいくつか教わっていると、「クワイエス!(すばらしい!)」が
日本語の「怖いです!」に聞こえる、という話しを聞き、
ロバの乗り心地に脅える千田さんに「千田さん、怖くないですか!?」を連発。
千田さんが、必死に「怖いです!怖いです!」というもんだから、
その都度、ロバ使いのお兄さんが喜んでました。

d019.jpg
d019b.jpg

あまりの暑さと、途方もない距離を歩いて来た疲労感で、

一体、僕らはなぜ、この岩山を上っているのだろう。
冷えたペプシが飲みたい、、熱い風呂に入りたい、、

と、目的すらわからなくなって来た頃に、突然、現れる「エド・ディル」

d020.jpg
d021.jpg

エイジ君はウクレレを弾きまくり、僕はブルースハープを適当に吹きまくり、
安藤さんはリコーダーを吹き、大野さんはけん玉をキメる。

大野さんがジェダイマスターに見えました。

d022.jpg
d022b.jpg


d023.jpg

僕らが達成感に浸っていると、安藤さんが言いました。

安藤:「この先に「世界の果て」があるので、男子だけで行って来てください」

「世界の果て」がそこにあると聞けば、行かないわけには行きません。

安藤:「往復1時間くらいで行けますよ」


ここまですでに4時間ほど歩き続けてましたが、ここに来ての往復1時間。
世界の果てへ。


d024.jpg
d026.jpg
d027.jpg

ここが世界の果てか。
眼下、遥か下の方を鳥が飛んでました。
絶景。

d025.jpg

これだけ見ても歩いても、
たぶんペトラの3分の1も見てないような気がしますが、
十分過ぎるほどの衝撃と迫力と達成感と疲労感。

帰りは当然来た道を帰るので、
トータル9時間くらい歩きまくった1日でした。

d028.jpg
d029.jpg
d030.jpg

これは観光って言うより冒険だな。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KADO

Author:KADO
■ KADO4LIFE
 http://www.kado4life.jp/
□ twitter
 twitter.com/kadohide
□ Facebook
 fhttps://www.facebook.com/KADO4LIFE
 
門 秀彦/かどひでひこ
コミュニケーションとしてのアート表現や手話をテーマにした[HAND TALK]をコンセプトに、絵本や絵画作品の制作の他、国内外でのワークショップや、ミュージシャンとのライブペインティングを行う。最新作は絵本「ハンドトークジラファン」。
その他、 NHK「みんなの手話」、フジテレビ「モアセブン(めざましテレビ)」等のアニメーション作品の制作、手話アートブック、エッセイ等の著作があり、宮本亜門、佐野元春、HY、大沢誉志幸等のアートワークを手掛けるなど、創作は多岐に渡る。

門 秀彦 ウェブサイト[KADO4LIFE]
http://www.kado4life.jp

Twitter

Twitter Reload

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
FC2検索